試験対策FAQ

試験対策よくあるFAQ

どのバージョンを受験すればよいでしょうか?

Microsoft Office製品はバージョンごとに機能や操作性が若干異なるため、
パソコンにインストールしてあるOfficeと
同じバージョンの試験科目を受験することをお勧めします。
また、試験対策教材も試験科目と同じバージョンのものをご利用ください。

 

ご自宅のパソコンと勤務先のパソコンとでOfficeバージョンが異なる場合は、
ご利用頻度の高いバージョンを受験されることをお勧めします。

 

バージョンとは、アプリケーションの新旧を表す番号のことで、
改訂したことを意味しています。
最近では、ユーザーへの分かりやすさを考慮し、
発売年をバージョン番号に使う製品が増えています。

 

試験対策教材のOfficeバージョンと

受験する試験科目のOfficeバージョンが異なると問題がありますか?

Microsoft Office製品は、バージョンごとに機能や操作性が若干異なるため、
受験する試験科目のバージョンに合った試験対策教材をご利用ください。

 

試験範囲を教えてください。

試験範囲は、「スキルとタスク(作業)」で設定されています。
試験ではマウスやキーボードを使ってタスクを実際に操作できることが求められます。

 

Excel試験範囲はこちら

 

試験対策教材や過去問題集はありますか?

試験問題は公表していないため過去問題集はありませんが、
試験対策に適したマイクロソフト公認の試験対策教材(公認コースウェア)が市販されています。

 

試験対策教材はどこで購入できますか?

一般の書店や書籍を扱うインターネットショップでご購入いただけます。
ただし、書店によっては取り寄せになる場合もあります。
最寄り書店の取り扱い商品や在庫状況はお店に直接お問い合せください。

 

 

試験対策教材に付属しているCD-ROMが動作しません。

また、試験対策教材の内容でわからないところがあるのですが・・・。

付属のCD-ROMや教材の内容については、各出版社にお問い合せください。

 

学習用のパソコンにはどのバージョンのOS(Windows)が必要ですか?

試験はOSに依存しませんが、試験対策教材(テキスト)の付属CD-ROMは
指定されたOSバージョンでしか動作保証されないことがあります。
試験対策教材(テキスト)の購入前に付属CD-ROMの動作環境をご確認ください。

 

 

パソコンスクールで学習したいので、お勧めのスクールを教えてください。

試験会場をご紹介しているページで対策講座を実施しているスクールを検索することができます。

 

対策講座を実施している試験会場の検索方法
1.「試験会場を探す」を開きます。
2.「詳しい条件から探す」を選択します。
3.検索条件「場所(住所/駅名) または 試験会場の住所」へ場所の条件を入力します。
4.検索条件「対策講座」の[実施あり]にチェックを入れて検索します。
5.条件に合致するスクールが抽出されます。講座内容の詳細はスクールにお問い合わせください。

 

 

会社で対策講座を開きたいので、講師を派遣してもらえますか?

「aoten(アオテン)」でご相談を承っています。ご活用ください。

 

aoten

ユーキャンの無料資料請求はこちら


まずは資料を請求をしてみる

 ユーキャン公式サイトはこちら



スポンサードリンク


 
トップページ 最短合格 独学で学ぶ 通信講座で学ぶ