MOSとは

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)とは

 

 

 

MOS資格とはエクセルやワードなどのマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明できる資格です!

 

 

MOS資格概要

 

Microsoft社が認定している資格の一つ。

同社のオフィスソフト「Microsoft Office」の活用能力を認定するもの。

 

 

旧MOUS(Microsoft Office User Specialist)資格の後継となる資格。

 

世界中で実施されており、日本での試験の実施・認定は

(株)オデッセイコミュニケーションズが行っている。

 

Microsoft OfficeはWordやExcelなど複数の製品により構成されているため、

試験科目も製品ごとに分かれており、1科目から受験することができる。

 

試験はすべて実技試験となっており、

実際にソフトを使って与えられた課題を実行できるかによって判定する。

 

試験に合格すると認定証がもらえます

 

MOSデジタル認定証

 

 

資格を取ることのメリット

 

パソコンスキルを客観的に証明できる!

 

Excelが使える、Wordが使えるなどといった
目に見えないスキルを客観的に証明することができます

 

自分で「PCが使えます」と言うよりも説得力を持たせることのできる資格です。

 

資格はソフトのバージョンごとに取得できます。

 

対策学習が実務力アップにつながる!

 

実際のアプリケーションソフトをコンピュータ上で操作する実務試験なので、
資格取得だけではなく、対策学習によってパソコンを使う実務力がつけられます

 

業務や作業効率の向上が図れます!

さまざまな機能を効果的に使いこなすスキルが身に付くため、
職場でのパソコンを使った業務や作業の効率化が図れます。

 

就職・転職時の実力アピールに最適!

 

社会人に必須の資格のため、就職・転職時をはじめ、社内でのパソコンスキルのアピールに効果的です。
また、多数の企業で社員教育として導入されています。

 

受験後すぐに合否を判定!

 

合否の結果は、受験後すぐに判定。
取得したその日から履歴書に記載して、就職・転職活動に生かせます。

 

世界で通じる国際資格!

 

約200の国と地域で実施されているグローバルな認定資格。
世界共通の合格認定証やデジタル認定証により、認定されたスキルは世界で通用します。

 

 

これだけのメリットを受けることができるMOSの資格なんですが、
試験の難易度はそれほど高くありません!
しっかり勉強すれば誰にでも取ることが可能です。

 

 

MOS最短合格はこちら

 

受験者登録の仕方はこちら

 

独自学習で学ぶ

 

通信講座で学ぶ

ユーキャンの無料資料請求はこちら


まずは資料を請求をしてみる

 ユーキャン公式サイトはこちら



スポンサードリンク


 
トップページ 最短合格 独学で学ぶ 通信講座で学ぶ