オフィスマスターを目指す

オフィスマスターについて

 

Office製品の総合的なスキルを証明する

 

マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスターは、
Microsoft Officeの同一バージョン(Office 2010、Office 2007、Office 2003)のなかで、

 

所定の4科目に合格することで贈られる称号です。

 

 

特別な試験などはなく、条件さえ満たせればすべての方が取得可能です。

 

 

マイクロソフト オフィス マスターの認定はOffice製品の複数のアプリケーションを使いこなせるという、
総合的なスキルを証明することができます。

 

 

マイクロソフトオフィスマスター取得のメリット

 

 

複数のアプリケーションを効果的に使えるスキルが身につくため、
仕事や作業の効率アップを図ることができます。

 

 

実際にオフィスマスターを取っている人の声として

 

 

・オフィス マスター取得という結果が、自分自身の自信にもつながります。
・複数科目の合格を目標にするので、取得後の達成感が違います。
・総合的なスキルや複数科目の挑戦結果を客観的に提示でき、就職や転職活動に有効だった。

 

 

という声が多いことからも、
「マイクロソフト オフィス マスター」取得ならではのメリットがあると言えるでしょう。

 

 

MOSに初めてチャレンジする方、いくつかの科目を取得されている方も、
総合的なスキルを証明するいい機会になるのではないでしょうか。

 

 

オフィスマスターの取得に必要な条件

 

オフィスマスターの資格取得に必要な条件とは、
Microsoft Officeの同一バージョンで、
必須3科目と選択1科目の計4科目に合格していること、です。

 

 

同一バージョンとは、
オフィスマスター2010なら2010のバージョンで資格を統一するということです。

 

 

オフィスマスターを取得したいとお考えの方は、
バージョンを合わせて以下の資格を取っていくことになります。

 

 

必須3科目
  • Word エキスパート(上級)
  • Excelエキスパート(上級)
  • PowerPoint

 

選択1科目
  • Access または Outlook

 

ユーキャンの無料資料請求はこちら


まずは資料を請求をしてみる

 ユーキャン公式サイトはこちら



スポンサードリンク


 
トップページ 最短合格 独学で学ぶ 通信講座で学ぶ